« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

IC1805中心付近

1805lrgb1

IC1805の中心付近の拡大です。(画像クリックで100%の拡大率です)

星雲のみを強調して、際立たせるようにしてみましたが、なにしろ、530㎜の焦点距離で、ブロードバンド、どうしても、星がうるさく感じられるのは仕方がないでしょうか。

ハートの中心に、角のような形の星雲が見られます。

M16の中心を撮影したハッブルの画像にあったように、星のゆりかごなのでしょうか?

| コメント (0)

2008年7月22日 (火)

IC1805

1805lrgb1p3

早くも? カシオペアの星雲か、といいたいところですが、これは、実は今年の1月の撮影。
目的の対象が上ってくるまでの空き時間を利用してのもの。
といっても、全部で100分の露出をしている。
ただ、それでも時間が足りなくて、Gは撮影していない。なのでRGB合成の際には、LをGとして使っている。
星雲のほうは、もっと強調することは可能なのだが、なんだか、美しくないというか、自然さがなくなる感じで、結局この程度に留めた。
大小の散開星団が目を楽しませてくれる。
スターチェンがあちこちに見られるが、遠い将来には、この星雲から星が生まれ、カシオペア王妃の足元にハートの形に連なる星ぼしが輝くようになるのだろうか?

温暖化のせいか、梅雨が5月頃から始まって、7月の早い時期に明けるようになってきたが、夜は何故かあまり晴れない。
ボアッティーニ彗星を眼視だけでも見ようと思っていたのだが、いまだに叶っていない。最近は、猛暑が続いているが、こう暑いと重い望遠鏡を出そうという気にもなれない。汗がべとついたりで、望遠鏡にもなんだか遠慮してしまう。
小さくて軽い経緯儀の望遠鏡か、双眼鏡で気軽に楽しむのがいいと、このところ思う。タカハシの60CBも魅力的だが、これは6cm口径。そんなものを買わなくても、星野を見て楽しむには16×70の双眼鏡で充分な訳でした。

| コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »