« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

SMon付近

S

季節は進んで、この辺りも、今は明け方の空に上ってくるようになった。
もちろん、たっぷりと露出して、撮影するには、まだまだ早すぎる。
というわけで、この写真も、昨年の暮れに撮影して、処理せずに放っておいたものです。1フレームの露出が5分で、これはいかにも短い。
短い露出で、たくさんのフレームを撮れば、ノイズ面では有利だが、
対象本来の諧調は、貧しくなりそう。
長い露出だと、星雲の淡い部分の諧調数を増やすことができそうだが、ノイズ面では不利で、豊富な諧調全体を活かすことができなくなるだろう。自分の使っている撮影システムで、最良の露出時間はどのようにしたら、知ることが可能なのだろう。
あらゆる条件で、実際に撮影して比較してみればいいのだが、撮影機会が極端に少ない昨今の空で、そのようなテストはとても贅沢なことに思われます。

中央付近の巨大な散開星団はTr5です。
Trとは、あまりなじみがない記号ですが、リック天文台発行の散開星団カタログのようで、Trumpler.R.J.の頭文字のようです。
大きさ、星の数ともに見ごたえがありそうですが、今度機会があったら、双眼鏡で確かめてみましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »