« M42強調では… | トップページ | 運に見放される »

2009年4月26日 (日)

久々の撮影、悲惨すぎる結末!!

次の新月期は、5月の後半、例年だと、梅雨が近いこともあって、あまり好天に恵まれません。
さそりの辺りを撮るなら、この新月期になんとかしたいところ。
ε関連の、機材の納品にはまだしばらく時間がかかりそうなので、とりあえず、ド・ノーマルなままで、でかけました。

Photo

高原にも、春の訪れ。
歳のせいか、季節の変化がとてもありがたい。
季節の節目節目を大切にしてきた、古来、人々の心のすばらしさを思う。

撮影に成功すれば、実に5ヶ月ぶりの画像取得になるはずだったのですが、
結果は、惨憺たるものでした。
このブログに載せる気にもなれないくらい。
まあ、予想されたこととはいえ、かなり気分は落ち込んでしまいました。

M8lrgb

当日の天の川は、ごくうすく見えていたのですが、いてやさそりの辺りは、もやっていて、天の川かもやなのかよく分からないような空でした。
そういえば、南天ではっきり見えていたのは、木星だけ。

さそり狙いだったのですが、設定に手間取り、時間的にいてに変更。
モニターにはたくさんの星があがってきていたので、眼の悪い私は、さほど気にせず、写っているものと思い込んでいましたが、帰宅して見ると、ハロだらけ。

撮影については…

▼ガイドがまるでだめ。考えてみれば、ガイドしないほうがよかったはず。
 まあ、純正の細いバンドひとつでは、いい結果を期待するほうが間違っているかも。
▼ピントも×。ロボフォーカスが取り付けられないこともあるが、時間による温度変化にも敏感そう。長時間の撮影でも寝てないで、見張っていなければならないのか?
▼カメラの重さのかかる方角に対して片ボケを起こしている。

3番目は懸念したスケアリングの問題で、ドロウチューブの問題なのか、接続のアダプタの問題なのか、はっきりしないが、スケアリング調整の機能はないので、なんとか方法を考えねばなりません。

カメラの接続はテーパー留めにしているが、そのネジが小さく、手ではとても締めにくかったので、とりあえず、このネジを大きく締めやすいものに交換しなければ。

とりあえず注文しているプレートやバンド等が来ないことには、εでまともに撮影するのは不可能と判明。来ても、それですべてOKではなさそうなのだが。
この連休に、撮影の機会がまたあれば、εではなく、今までどおり、FSQを使うしかなさそう。
εの使いこなしの難しさは、ある意味覚悟していた(発売された当初、買わなかったのは、私には使いこなせそうにないと思ったから)ので、今後は、勉強がてら、というか、遊びがてら、アーでもない、コーでもないと、いろいろいじくって楽しめばいいとも思う。まあ、そういう思いもあって今回購入したわけですけど…

Photo_2

迎えた牧場の朝も、どこかむなしさが… (ノд・。)

« M42強調では… | トップページ | 運に見放される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M42強調では… | トップページ | 運に見放される »