« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

日食の用意

K-Astecさんから届いた日食用の機材。少し前に届いていたのですが、今日、初めて梱包を開き、組み立ててみました。

2

FC76を載せるとトップヘビーに見えますが、全体はしっかりした作りで、びくともしません。
鏡筒込みで、全体の重量はほぼ10kg位のはずです。
見た目のバランスは、FS-60CBを載せたほうがコンパクトでいい感じなので、また機会があったら、その写真も載せます。

1

モーターはK-Astecさんでつけられたもので、6v仕様になっており、単3電池4本が入るボックスが下につけてあります。
ビクセン純正のものよりも、省エネで、精巧なものだろうと、よく知らないのですが、勝手にいいように想像しています。

赤緯体はドイツ式もあって、後の汎用性を考えると、そちらを選ぶべきでしたが、我が家には古いビクセンのSPDXもあるので、カメラレンズでノーガイドの撮影などは、それに任せることにし、あえて今回は珍しい?フォーク式にしました。
フォーク式の利点はバランスウエイトが不要なことと、子午線通過での鏡筒の反転が不要なことですね。
しかし、FC76を搭載した場合、極方向はもちろん、天頂ですら、筒を向けることは難しそうです。

撮影のメイン機材のサブとして、また、観望会などで、気楽に月などを見るのに重宝しそうです。

筒先につけているのは、何年か前の部分日食のとき買った太陽の減光フィルター。
今回、実際には、FC76のフードや、ファインダーは外して持参しようと思っていますので、この筒先フィルターも作り変えねばなりません。

この日、西に傾いた太陽を覗いてみましたが、黒点がまったく見当たりませんでした。
最近の太陽はずっとこんな様子でしょうか。

今日は眼視で見ただけですが、次回は直焦点での撮影を試してみましょう。

| コメント (2)

2009年6月20日 (土)

Antares Nebula 2

梅雨…
なので、晴れ渡った星空にはなかなか恵まれないのですが、
それに加えてこの時期、田植えや草刈りと、農作業も忙しい。
そんなこんなで、天文に関しては、まったく盛り上がりません。
それに気になるのが、今年になって、一枚もまだまともに撮像できていないこと。
εでこの領域を今年は撮るつもりでいたのに、機材がまだ手元に揃いません。

てな訳で、昨年撮影した画像を引っ張り出して、再処理してみました。
少しはブログも更新しなければ…

まず、Antares 付近の星雲です。
彩度、メリハリがない感じがしていたので、再挑戦ですが、
SI6まで戻ってやり直したほうがいいのかも…
デジタル現像したL画像に問題があるような気がしてきました。
とりあえず、そこまで戻ってやり直す元気がないので、今の結果を貼っておきます。

Antares_nebulae

| コメント (0)

2009年6月17日 (水)

無題

1

このところ夕立がよくある。

2

この日は雹も降った。

3

| コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »