« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月18日 (水)

しし座流星群

11/17の23時前、輻射点が地平から昇ってくる時の飛距離の長い流星を期待して、庭に出てみるが、全天ベタ曇りだった。
やはり天気予報通り、晴れないのかと、寝ることに。

翌18日朝、4時頃起きて、外に出てみるとよく晴れている。
いろいろ用意して、4時半頃から、家の裏の歩道に寝転がり、北の空を見上げる。
1時間ほどの間に16個を数える。うち2個はしし群ではなかった。
明るく、尾の残るようなのが3~4個だったが、いずれも視野の端のほうで、飛距離は短いものばかりだった。
時折、稲光のような光を感じるが、視野の外の火球のようなものか、それとも本当に稲光なのか、はたまた、人工のなにかの光なのか、正体は分からなかった。
5時前に、地平近くのペルセウス座のあたりに集中して流れ、あとは、10分間に1個あるかどうかという程度。
5時半には、あまりに飛ばず、眠くなるし、平日で出かける用意もしなければということで、観察を中止。

あとでOACのメンバーらに聞くと、空は、23時頃から次第に晴れたとのこと。
また薄明後にたくさん飛んだようだ。
私は北を向いて見ていたが、どちらかといえば、南の方向に飛ぶもののほうが多かったのかもしれない。

| コメント (0)

2009年11月15日 (日)

半年ぶりの撮影

11/14は、岡山アストロクラブ(OAC)のメンバーとともに撮影に出かけてきました。
FSQ106とSTLによる撮影は、実に半年ぶりとなります。
εのためのいろいろを作製するための留守でしたが、結果的にこの半年は無駄に過ぎてしまいました。

ところでOACに教えていただいた場所は、驚くほど湿気が少なく、嫌な寒さもなく、人にも、機材にも好適な場所でした。
やや遠いものの、でかける価値があると感じた次第です。
撮影中にはおうし群と思われる火球クラスの明るい流星も現れました。

この日は天気予報もよくなく、期待しないで出かけ、撮る対象も決めてなかったのですが、今まで、まだ納得のいく撮影の出来ていないM45を撮りました。
いい空で、しかも天頂付近にあるこの対象、まあこれ以上の条件はないように思われました。

しかし、問題もあります。Gフィルターでは、輝星に大きなハローができてしまいます。
これをどうするか、方法は一応考えているのですが、毎日いろいろと用事が出来て、落ち着いて処理に向かえず、いまだにまったく手をつけていません。

Hkai

掲載は、hχです。
ピントを出して、その確認に星団での星像を確認するのに撮影したもの。

Double_cluster

FSQ106
STL11000M
EM200TEMMA2Jr
exp.120s

| コメント (0)

2009年11月10日 (火)

紅葉狩りのはずが…

3年前と同様、紅葉を見に、奥津温泉に行きましたが、車が多く、交通規制などもあって、肝心の渓谷を見るのはあきらめました。

Okutu2

Okutu1_2

Okutu3

Okutu4

Okutu5

Okutu6

Okutu7

Okutu8

近くの星の里キャンプ場。以前から気になっていたが、静かでよさそうな環境。ただ、星空を見るには、低空の視界が限られるようだ。

Okutu9

奥津渓谷を見られなかったので、奥津から蒜山に抜ける道を少し走ってみる。

静かな、しずかな、里の秋。

| コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »