« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

真央ちゃん、おめでとう

真央ちゃん、世界フィギュア優勝おめでとう。
さっきまで、Radio-CANADAの中継を観ていました。

ひとつだけ、はっきりと言いたいのは、
スケートの技術、表現力とも、あなたは図抜けてすぐれているということ。
おかしな採点で、この四年間、正当な評価が与えられなかったのに、
あなたは、文句ひとつ言わず、ひたすら頑張ってこられましたね。
オリンピックでの悔し涙、あなたの闘いのすごさを知りました。
今回の優勝は当然のことと思います。

ISUは腐敗しきっているのか、今回のジャッジもなんだか納得のいかないものだった。
すぐれた選手を育てるどころか、逆のことをしているとしか思えない。
解体的出直しでもして、大いに反省してもらいたい。

007、うけ狙いの仕掛けが見え見えで、二度三度と聴かされると、さすがに飽きます。やはり本物で勝負しないと。
3位に入ったラウラ・レピストは、スケーティングの美しさを感じる選手。
ひそかに応援していたのだが、これからもがんばってほしい。

| コメント (0)

2010年3月27日 (土)

auto guide 専用PC

CCDsoftでオートガイドしていたが、どうもガイドが流れ気味ということで、ガイド専用のパソコンを独立させることに。
このところ半引退状態だったノートに、いまは使ってなかったWindows98をインストールした。
XPで使っていると、どうしてもタイムアウトが発生して困っていた。
ポートの設定をいじくったりしてみたが、症状に改善なし。
そこで、この点でCCDOPSと相性のいいWindows98の出番。

Windows98

このIBMのパソコン、メモリスロットが一つ死んでいて、今は512MB一枚のみが作動している。
オートガイド専用と割り切って使うので、モニター画面も高詳細にせずに、低い解像度のままでいくことに。
古いパソコンだが、動作はこれだけに特化すると、結構きびきびとストレスなく動いてくれる。

Ccdops

昨夜、天気がよかったので、庭に望遠鏡をセットし、動作状況を確認。
とてもスムーズで、タイムアウトも発生せず、問題はなさそう。

Guide_test

月が明るいが、せっかくガイドが調子よさそうなので、Hαでの撮影をしようかとも思ったが、結局めんどうになってやめる。

| コメント (0)

3/21の四国遠征 その2

同じ日に、夏の大三角のほうを撮ったもの。容量の関係で、別掲載。
この辺りは、どのように表現したらいいのか、いつもよくわからず、難しい。
手前に山とか、木とかあれば、落ち着くのかもしれない。

1年ぶりに訪れた四国の山中、いろいろと趣があってよかった。

Img_0335pssmall

| コメント (0)

3/21の四国遠征

3/21 の日曜日は、岡山アストロクラブの有志で、四国に遠征しました。
高速を使って瀬戸大橋を渡り、片道2時間弱で、標高1000m 、南の低空に光害の少ない場所にたどり着くことができました。
北には瀬戸内沿岸の街明かりがあるので、全体がすっかり暗いわけではないものの、さそりやいての辺りをみるには、いい場所だと思えます。
夜半前に到着し、直焦点撮影の面々は、まずM83から撮り始めたようですが、モニターに上がってくる画像を見ると、この空の良さがうかがわれました。
私は、便乗してきただけなので、ポタ赤とデジイチという装備で、望遠鏡は持ってきていません。
到着してから、双眼鏡で眺めたりしていたのですが、そのうち雲が出てきてしまいました。
山の上で、雲も出てくると、ただ寒さを我慢する長い夜となります。
夜明け前、4時前頃から雲が切れてきました。
掲載したのは、そのときの写真です。

Photo

EOS5Dmk2 24-105mm 24mmで使用。F4→4.5 ISO1600 5min vixenSPDX赤道儀

| コメント (0)

2010年3月20日 (土)

ばら星雲

1/18の撮影。

すばらしくよく晴れた前日の1/17とはうって変わって、透明度が著しく悪く、ねむい感じの空だった。
ということで、画像のほうもインパクトのないものになってしまったが、仕方ないか。
星の光もうるんでいる。
RGBも撮ったのだが、とりあえず、Lだけで処理してみた。

Rosettal_2

このところ、ずっと気になっているのが、ガイドの甘さ。
拡大してみると、星がきれいな円形になっていない。
タカハシが最近、広告に出して、また引っ込めたが、EM200の赤道儀、Temma2とTemma2jr.では、モーターが違うらしいということが、Temma2Mへの改造の件で知られることになった。
買った時には、まったく同じで、高速のスピードのみ違うという説明だったが、やはり、そのへんの違いがあったらしい。
電源は24Vでないとしっかりと動かないというのも、不便なこと。
というわけで、新しいTemma2Mは、それなりに買う価値のあるものなのかもしれない。
で、なにを言いたかったかというと、私のTemma2jrでは、ガイド力がやや弱いのかもしれないということ。使っていて、どうもガイドの信頼性が高くない気がする。
やはりしっかりガイドするなら、重いがNJPのほうだろうか。

もうひとつは、撮像用の鏡筒、ガイド鏡筒、ともに純正のバンド一点留めで取り付けてあるということ。
写真撮るなら、どちらも幅広く二点留めするのが常道なのだろう。
εのほうに力点があったので、FSQのほうはそれなりのこと以上をしないで来てしまったが、こちらもどうせなら、ちゃんと撮れるように改善したいところ。

2010.1.18 是里
STL11000M FSQ106 L10m×10

| コメント (0)

2010年3月19日 (金)

ノートPCの能力UP

タカハシからセミオートフォーカサーが発売されているが、私のイプ180用のものは、アダプタがまだとのことで、ずっと待ちの状態が続いている。
先月問い合わせた時は、2週間もすれば、と言っていたのに、1か月以上経過しても、発売になる気配がない。

ところでそれを動かすソフトだが、パソコンのメモリが2G以上を推奨となっている。フォーカス位置を変えながら、何枚も撮像して、適正位置を割り出すため、たくさんのメモリが必要ならしい。
現在、望遠鏡制御や、CCDでの撮像に使用しているノートは買ってから丸3年ほどになるが、メモリは1Gしかない。

そこで、メモリをここで増設することにした。
仕様では、3Gが最大となっているが、これはOSが32bitでの制約を受けるという意味と解し、2Gのメモリを2枚買ってきて、取り付けた。
ノート用のメモリ、2G、1枚が4千円台、こんなに安く買えるなんて知りませんでした。2枚買っても、一万円でお釣りが。ありがたや~。

4ag

そこで、調子に乗って、ついでにHDDも交換することに。
考えてみれば、このPC、天体撮影以外では使っていないので、HDDをむやみに増やす意味はあまりないようも思うのですが…
一晩中がんばって撮っても、せいぜい数Gにしかならないのだし。

ただ、リカバリ用のCDが作成できないようなので、HDDの交換に、この手は使えません。
今回は、パソコンのソフトを使わずに、機械的にデュープすることに。
60Gだったものを320Gに増やした訳ですが、デュープなので、増えた分は、別のパーテーションの物理ドライブとなります。

Hdd
TOSHIBA60GBからHITACHI320GBへ

作業は、以前、デスクトップの壊れかけたHDDを、よく訳のわからないソフトを使ってバックアップしたときとは、大きな違い。
すべてが単純で、なんの問題もなく、スムーズに進行しました。
もともと、なんのトラブルも抱えてなかったので、当然といえば、当然なのですが。

Photo

Hdd_2
取説には省略されていたが、HDDには、このベロのついた枠を忘れてはいけません。

これで、パソコン側の用意は万端、早くイプ用のフォーカサーを発売してくれ~!!!
と思って、さらによく見ると、パソコンのCPUのクロックが2G以上を推奨となっていた。
私のはCore2duoではあるが、速度は1.66Gだった。
まあ、問題ないとは思うが、どうなることやら??

| コメント (0)

2010年3月15日 (月)

それにしてもこのところ天気の悪い日が多い。
今日は3月15日だが、岡山市の3月の気象庁の記録を見ると、雨の降った日は、15日のうち、なんと10日もある。
梅雨である。冬から春に移行するこの時期の雨がちな天気を、菜種梅雨というのだそうだ。

100315

気象庁のwebサイトから、今日の天気図を見てみると、日本の南の海上に前線が延びている。菜種梅雨の気圧配置だ。
先日は、発達した低気圧が、日本の南岸をかすめ、冷たいみぞれを降らしたこともあった。

Photo

そんななか、先週11日の夜は、久しぶりに晴れ間が広がり、星空を見ることができた。
吉備高原まで足を延ばしたが、道べりには、融け残った残雪がまだたくさんあって驚いた。
冷たい空気だが、それでも空はすっかり春の様相。
春のほのぼのとした星ぼしを存分に堪能して、このところ鬱屈していた厭な気分を吹き飛ばした。

Photo_2

 

 石走る垂水の上の早蕨の

       萌え出ずるに春になりにけるかも

                                  志貴皇子

| コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »