« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

秋はGould

Partitas

秋になると聞きたくなるのが、グールドのバッハ。
特に、パルティータがとてもいい。
秋の日差しがさし込む部屋で、グールドのパルティータを聴くのが至福の時間。

春は平均律
秋はパルティータ

と、なんとなくそんな定番になって久しい。

グールドの「孤独のアリア」という本、本屋で以前立ち読みした時、コンサートのことに触れていて、コンサート会場でピアノを弾いていたら、バッハがリストみたいになってしまったというようなくだりがあり、思わず納得してしまった。グールドがコンサートをしなくなった理由として、記憶に残っていて、この本は買ってちゃんと読んでみたいと思っている。

グールドのバッハ、エアチェックでテープに録音したものを学生時代によく聴いていたが、CDを買ったのはいつごろのことだろう。
ただ、CDはどうも音が悪くて、そのせいか昔ほどは音楽を聴かなくなってしまった。
いいオーディオがほしいと思うこともあるが、しょせんソースがCDだとどうしようもないのでは思ってしまう。

| コメント (0)

2010年10月23日 (土)

木の実で遊ぶ

Photo

10月23日、北公民館まつりがありました。

自然体験リーダーズクラブがスタッフ参加。

集めていた木の実を使って、参加した親子が思いおもいのクラフト作り。

どんぐり他、さまざまな木の実、なんともいえない風あいで、見ているだけで癒される。

野外だったので、それも○。

Photo_2

| コメント (0)

2010年10月13日 (水)

稲刈り

Inekari

稲刈りの最中、コンバインが吐き出した切り藁のなかをくねりながら這っていくマムシを発見。
ぞっ!! この田でマムシを見るのは初めて。
何年か前、トラクターで耕していた時、蛇が足元に飛び込んできたことがあった。それは運転席を右から左へ、空中を飛ぶように横切って行った。青大将かなにか、長い大きな蛇で、あっという間もなく、驚く暇もなかった。
そんなことはあったが、今までマムシをこの田で見たことはなかった。
後で地元の人に聞くと、この田の北側、山際の溝にマムシの巣があるという。私がふだん草刈りするところだが、最近は面倒で草刈りも上のほうだけで済ませて、下の溝まで刈ることはめったになかった。
それにしても、マムシの巣ってどんなんだろう?? 恐いような、ちょっと見てみたいような。

13日ころから始めた稲刈りだが、途中で乾燥機が動かなくなるトラブル。挙句の果てに、コンバインが壊れて刈りとりの刃が動かなくなってしまった。
修理は高額とのこと。毎年、何らかのトラブルに見舞われ、収入より、機械のメンテのほうがはるかに高くつくのにいい加減うんざりしていた私はついに、ぷっつんキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

ついでのおいらのブログもぷっつり。(最近ヤキがまわっていただけに)

| コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »