« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

かび予防

春めいてきたが、長いあいだ使わないでいると、黴にやられてしまうので、点検しながら、乾燥剤をいれたビニール袋に納めた。

Sdp

 

Fsq

望遠鏡は、夜間使用するので、露が降りたりして湿気がち。そのまま仕舞ってしまうと黴の思うつぼだ。

Toa150

| コメント (0)

2011年2月21日 (月)

四大陸選手権

2/19-20は台湾でフィギュアスケートの四大陸選手権があった。
今シーズンは安藤が抜群の安定感で優勝したが、一番印象に残ったのはやはり真央ちゃん。佐藤コーチについたこともあってか、すっかり大人の雰囲気で、美しさもいや増した感じだ。5年前のノクターンの演技に魅了されて以来のファンとしては、16歳の頃の天使のような真央ちゃんにはもう会えないという一抹の寂しさがないわけではないが…
昨年のオリンピックで流した悔し涙、あれが天使から大人の人間に代わる通過点だったような気がする。

Photo_2

↑学研教育出版 2011年2月25日発行

 

20

↑発売元:フジテレビ ポニーキャニオン 2011年3月16日発売

 

今シーズンのプログラムは、
SP シュニトケ/タンゴ  FP リスト/愛の夢  エキシ/ショパン/バラード第1番
ということで、オリンピックシーズンに向けて、重い曲が続いていたのに比べると、5年前に戻った感がある。
振り付けも、タンゴはタラソワだが、フリーとエキシはローリーニコルになった。
今シーズン、ジャンプが不調と言われていたが、これはジャンプを一からやり直していたからで、そのことは周知のことなのに、マスコミの馬鹿げた騒ぎ方には本当にうんざりさせられる。

マスコミ等のイメージ操作、
無知ゆえか、意図的かは不明だが、
真央ちゃんと韓国KYを比較して、次のようなことが繰り返し言われている。

つまり、フィギュアスケートは、トータルパッケージだと…

真央ちゃんには、他の女子が飛べない3Aがあるが、それだけでは勝てない、他の要素もたくさんあり、それら全体について優れているのはKYだというもの。
しかし、よく見ると、KYで優れているのはまあ3Lz位、その他の要素、スピンにしろ、スパイラルにしろ、どれも明らかに真央ちゃんより劣っている。
ステップにいたっては、真央ちゃんと比較すると、えっ、これがステップ? つなぎで移動してるだけでは? 程度。
その3Lzにしても、漕ぎまくって、走り幅跳びのようなジャンプ。
本来のフィギュアのジャンプは、真央ちゃんの3Aのように細い軸で高速で回転するのが美しいと思うが、見た目に大きく見えるKYの走り幅跳びのようなジャンプのほうが評価が高いらしい。

というわけで、トータルパッケージでも、真央ちゃんのほうが明らかに抜きん出て優れているのに、まるで逆のことが宣伝されている。

演技以外の部分、ロビー活動や、買収など、場外での暗躍、跳梁跋扈までも含めて、トータルパッケージと言っているのなら話は別だが。

そもそも音楽と一体化した表現力において他から抜きん出た表現力があるのが真央ちゃんなのに、それも逆のようにイメージ作りがなされている点も腹立たしい。

はったりの顔演技や体をくねくねさせるのを表現力だなどと勘違いしているジャッジやマスコミの低能連中が、訳知り顔でのさばっている愚劣さ。

女子フィギュア、採点競技としては、もはや破綻しているに等しいと思う。欧米でのフィギュア人気がすっかり低落してしまったのも、ISUがこんなだから当然のことです。
勢い、ISUは韓国や日本のスポンサードに期待することになりますが、日本企業も、ちゃんと目を開いて、なにが起こっているのかよく見、言うべきことはちゃんと言わなければ、ただうまく利用されて馬鹿にされているだけですよ。

S

| コメント (0)

2011年2月19日 (土)

座主川散策

通勤しながら、横目に眺めていた岡山大学周辺の木立。
鬱蒼として、実にいい眺めだと思っていたのだが、その辺を子ども達と散策しながら、いろいろ観察するプログラムが公民館であり、私も参加してみた。

1

4

6

2

岡大構内ではバードウォッチング

7

座主川とは聞き慣れない名前ですが、近くの金山に天台宗のお寺があり、その関係でつけられた名前らしいです。
県の三大河川の一つ、旭川から分岐し、笹ヶ瀬川のほうへとつながっていますが、人工的に作られた川ではないでしょうか?

| コメント (3)

2011年2月16日 (水)

2/16の太陽黒点

天気がよいので、庭にPSTを出して太陽を見る。
大きな黒点があるようで、おとどしの日食の際に用意したFC76のセットを追加し、見たり撮影したりしてみた。

0216sun2

_mg_0538m2

| コメント (0)

2011年2月15日 (火)

2/14も雪

2/14は粉雪が舞っていた。

翌朝の雪景色。

0215yuki5_2

0215yuki2_2

0215yuki1_2

0215yuki3_2 

0215yuki6_2

| コメント (0)

2011年2月11日 (金)

2/11の雪

0211yuki1

夜の間雪が降ったが、道は濡れているだけで積ってはいなかった。
帰って、また寝ようかと思っていたが、目が覚めてしまった。
コンデジを持って、昨夜のうちに降った雪景色を撮る。

0211yuki2

0211yuki3

| コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

ε180EDのセッティング

野良に煙が立ち昇っていて、農夫の姿も見える。
何を燃やしているのだろう。
今日は、節分で、明日は立春。

壊れたパソコンの修理は終わって、1/25に送り返されてきた。
マザーボードの交換で、保証期間内だったので、経費は無料。
やりとりの中で、家に使っていないHDDがあって、増設しようと思うと言ったのだが、増設用にSATAケーブルを取付けてくれていた。ありがとうございます。

このマザーボード、ASUSだが、エーサスと思いこんでいたら、アスースと発音するのだそうで、ちょっと拍子抜け。
EVOにしたのは、ビデオボードを増設したときUSB3.0の速度がスポイルされないようにするため。バイパスがもうけられているらしい。もっとも、いまのところUSB3.0を使用する機会はないのだが…
そのうち、猫も杓子もUSB3.0になるのかと思っていたら、さほどでもないようだ。

 

ところでε-180EDのパーツ、昨年12月はじめには届いていたのに、今頃になってやっと重い腰をあげて組み立てることに。

朝から、εの主鏡をはずす作業。
はずすネジの位置に印をして、ネジの高さもすべて記録しながらの作業。セルを固定するネジは3個あり、外から、子ネジ、親ネジ、ロックナットとある。親ネジが位置を記憶しているので、子ネジを抜いてセルをはずしても、元の位置に戻すことができる。

Photo

主鏡はそれほど汚れていなくて、洗浄も予想していたのだが、ブロアだけですます。
いかに使っていないかがよくわかります。

180ed

今回はファインダーの台座をはずすだけ。
これは、バンド幅が広いので、台座が邪魔になるため。
台座を止めている内側の雌ネジが溶接されていれば問題ないのだが、溶接されていなければ、ネジを抜いたときに、落下して鏡を傷つける危険があるため。

Photo_2

大きな穴が残るので、これは鏡筒と同じ黄色のシールを貼っておく。
これに、アリ型プレートのついたバンドを取り付けるとかなりの重量感がある。

Photo_6

接眼部がラックピニオンに戻っているのは、ピントが分からなくなったため。これでピントを出して、計測しなおす予定。

 

以下は、カメラと鏡筒接眼部をつなぐアダプタの一部

Photo_3

砲金性のテーパー

Photo_4

テーパー受け

Photo_5

テーパー受けのネジ

手と六角レンチの両方で締められるようになっている。望遠鏡とカメラの間は狭いので、これはとても助かる。さらにネジの先端には硬い金属の球が埋め込まれている。以前から思っていた理想のネジだ。ただ値段もそれなりで、このネジ1本が1000円する。

 

使用も楽しみだが、風邪気なので、大事をとってこの日は仕事終了後、帰宅して、風呂に入ったら、早々に布団に入って寝ることに。

| コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »