« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

おとめ座銀河団

このところの私のブログ、天文の話題も少なく、なんだか末期症状を呈していて、この辺で無理矢理、天体画像を入れてみたりしている。

昨年撮影の画像で、夜明けまでの少し余った時間に撮影したまま、処理していなかったもの。
画角も適当、時間が限られていたので、枚数が稼げず、SNもよくない。
そのうえ、確か、ひどくもやった空で、透明度が著しくよくなかった。

それにしても、ずいぶん久しぶりで、勘が戻らず、簡単な処理のみ。

1枚の画像、大きいので、西と東に分割して掲載。

 

 ↓M87から東

M89w


 ↓M89から東

M89e



| コメント (0)

2011年8月30日 (火)

interrupt

M3100118_2

| コメント (0)

2011年8月24日 (水)

NOCTURNE

   Mao Asada - 2010 Worlds FS (US)  投稿者: horihina33

このプログラムを観て、ひと目で真央ちゃんファンになってしまった思い出の動画。

それまで、フィギュアスケートにとって、音楽は時間を計るための付け足でしかないように感じていた。
しかし、このノクターンを見て、音楽がここまでスケートで表現できるのかと驚嘆した。

解説者も激賞しているように、演技者が音楽と一体化し、音楽と演技の相乗効果がすばらしい。
ショパンが真央ちゃんのためにこの曲を書いたと言われる所以。
真央ちゃんがスケートを始める前に、バレエを習っていたこともあるのかもしれない。

演技を終えた後の、ちょっと得意そうな笑顔も可愛い。

ブラウザを Google Chrome に変更してみました。
ワイアレスで繫いでいるノートでも、YOU TUBE がストレスなく見られるようになりました。
以前、Google Chrome が出たばかりの頃は、初めは軽快だったのに、何日か使ってるとひどく重くなってしまうことがありましたが、今回は大丈夫でしょうか?

| コメント (1)

2011年8月23日 (火)

響きと怒り

Photo_3

Photo_8


今年の7月から、テレビは地デジに完全移行したが、テレビの行く末には暗雲立ちこめたというところか。
地デジに移行するのをきっかけに、もうテレビは見ないという人も結構いるようだ。
テレビがつまらないのは、今に始まったことではないが、最近は韓流のごり押しなど、不気味さが漂うようになっていた。
(私自身は、フィギュアスケートに関する報道を通じて、理解に苦しむ日本下げ、韓国上げに長年、不愉快な思いをさせられてきた。)

8/21のフジテレビに対するデモは主催者発表で6000人だが、実際はもっと多かっただろうとみられている。
しかし、日本の大手メディアは、テレビも新聞もこれをほとんど報道しなかったらしい。

最近、韓国の軍足とかいうタレントが来日して、空港に着いたときの様子を各テレビ局が報道していた。キザな投げキッスを振りまくそのタレントはどう見ても馬鹿丸出しで、またとんでもねーのがきたなと思っていたが、新聞の番組欄にはあちこちにこのことが載っていたので、多くの局がこぞってこれを報道したものと思われる。後で知ったのだが、2000円と軽食を支給されて、空港に詰めかけたファンになりすますアルバイトの募集があったのだとか。

こんなどうでもいいものを、盛んに流しておいて、報道する意味が遙かに大きいと思われる8/21のデモについては完全スルーの日本のメディア。
これがいまの日本の現実なのだ。

私たちは今まで、北朝鮮や中国の報道があまりに偏っていて変だと冷笑しながら見ていたが、日本だってたいした違いがないことを今回のことで改めて思い知らされたわけだ。

フジテレビの韓国報道問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%AE%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%A0%B1%E9%81%93%E5%95%8F%E9%A1%8C

Photo_9

| コメント (0)

2011年8月21日 (日)

岡山後楽園幻想庭園観望会

8/7の日曜日、岡山後楽園で幻想庭園の観望会がありました。

昼間はよく晴れていたのに、夕方になって雲が出、市街地の中心部ということもあり、天体観望としては厳しい条件で、月と西に低い土星、そして明るい恒星に観望対象は限られました。

浴衣姿の女性なども見学に訪れ、いつもの観望会にない華やいだ雰囲気がありましたが、私は星空以外には目もくれず、観察にひたらすら集中していました。

Photo

屋台もあったが、残念ながらそちらに足を伸ばす暇がなかった。

Photo_2

OAC某氏のマクストフカセグレン。高級感が漂っています。

Photo_3

OAC某氏の銭星。いやちがう、ゼニスター。ゼニとは、お金ではなく天頂ということか? プリズムは正立? ピントの微動装置も目立ってます。マウントはオリオンの自動導入でしょうか。

Photo_4

こちらもOAC某氏の12センチ屈折に取り付けられた接眼鏡。バーダープラネタリウムのズームだそうで、観望会ならずとも便利そうな一品です。

Photo_5

ビクセンの8センチかな?

Photo_6

なにげなく放り捨ててあるフジノンの25×150双眼鏡。観望会では長蛇の列ができていた。これで対空だったら…

C8_4

おなじみのC8。20年ほど前は、観望会というと、これが大活躍していた。はじめてこれで見た惑星像には度肝を抜かれ、自分もぜひ買わねばと思ったのに、未だに買ってない。

Fct

はじめちらっと見て、なんだFSQじゃないかと思ったが、よく見るとFCTでした。接眼部にたくさん装着されたリングがすごい。

Photo_7

光軸調整中の手作りドブソニアン。ホームセンターなどで手に入りそうな部材をうまく利用している。接岸部に温度計が装着されていますが、どういうふうに役立てるのかな? 主鏡はニンジャ用に制作された32センチだそうで、カサイが鏡筒に組み込むこむのを見送った鏡を単体で販売していたそうです。全然知らなかったのですが、私の知り合いがニンジャの40センチ鏡を手に入れたと言っていた謎が解けました。

Mt160

これで見る雲越しの月はシャープで明るく見応えがあった。タカハシのMT160と三鷹のGN170。う~ん、ええたたずまいです。鏡筒には土井隆雄氏の直筆サインがありました。

おおっと、自分の望遠鏡を撮影していませんでした。 coldsweats01

Photo_8

朧月夜に烏城を背景ににぎわう観望会。城に人工的なライトアップというのが惜しい。














| コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

Fuji TVを見ない日

8月8日はフジテレビを見ない日だそうで、私も賛同して見ないようにします。

明日に限らず、フジテレビはなるべく見ません。

これはナショナリズムを煽るためではなく、

報道姿勢を問題視しているということです。

2011年8月 6日 (土)

七夕

今日は、旧暦の7月7日、そう七夕の日。
世間は、新暦の7月7日を七夕としているが、その頃は梅雨の真っ只中。
七夕の季語は秋で、本来は今頃でないとその雰囲気がでない。
そういえば、今年の立秋は8月8日。

七夕には、カササギが天の川に橋をかけ、織女がその橋を渡って、牽牛に逢いに行くという。

デネブを尾に見て、北十字をハクチョウに見立てたのは、西欧の人々。
スパルタの王妃レダに接近するため、ゼウスが変身した姿だ。
後にレダはふたつの卵を産み、それぞれから双子が生まれた。
カストルとポルックス、そしてヘレネとクリュタイムネストラ…
ところで、中国ではデネブを尾ではなく、頭の星として、北十字をカササギに見立てた。
カササギって、カラスの仲間らしいが、とても頭のいい鳥らしい。

Photo

よく晴れていた、8/3の晩に撮影。

東の空には…  木星も地平近くに。

Photo_2

そして、西はというと…

この日は、北斗七星の柄の3個しか肉眼では見えなかった。

桃の出荷時期で、桃畑には防虫灯がたくさん輝いている。

Photo_3

| コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »