« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

フィルター交換

それにしても、今月の夜は晴れません。
1月といえば、厳寒ながら山陽ではカラカラの晴れが続いたりするのですが。
平日の夜に晴れたのが2度位はあったように思います。

Gumboさんに輸入していただいたフィルターが、思いのほか早く、手元に届きました。
Gumboさん、たいへんお世話になり、ありがとうございました。

Astrodon

幸いにも、これまで装着していたSBIGのフィルターと厚みはほぼ同じでした。
どちらも、干渉タイプなのですが、ぱっと見て両者の区別はつきません。
いままでのフィルターでは、青が出ない、Gのハロは盛大に出る。
ということで、新しいものを導入して見たわけですが、どうなのか、試写が楽しみです。とはいえ、なにも違わなかったらどうしましょう? という不安もあります。
単に私の画像処理が悪かったということかもしれません。

Photo

フィルターの厚みは同じでしたが、直径が微妙に小さくて、ホイールに入れると遊びが結構あります。3本のネジの頭で固定するようになっているのですが、このネジの頭が届きません。
フィルターに金属ではなさそうな(紙製?)ワッシャが付属していて、これを使えということなのでしょう。ねじ込み量がやや短くなりますが、それをかまして固定することにしました。
すぐに終わると思った作業が、なんと1時間近くかかってしまいました。
おかげで、埃がいっぱい付着して、静電気のせいなのか、普通のゴムのブロアでは飛ばせないくらい。細いノズルをつけたスプレー缶のエアダスターで飛ばしました。
完全な除去は不可能ですが、CCDチップとは離れているので、たぶん大丈夫でしょう。
気になる場合は、フィルターを掃除するものも販売されているようですが、結構高価です。

ホイールをカメラに戻して固定するのにも、ネジが緩いとぐらつくし、締めすぎると回転しなくなるようで、どの程度がベストなのかよくわかりません。
具合を気にしながら、使っていくしかないようです。

 

120321

昨年11月25日未明の撮影。
夜半過ぎても曇り空で、帰りかけたら、不意に晴れだしたときのもの。
時間がなくて、スケアリング調整を追い込めないまま撮影したので、星像が変です。
おまけに、Lの時間設定を間違えて、ダークが合ってませんでした。
アルニタクや、σにものすごい緑のハロやら、副鏡の影が生じていて、フィルターを交換したいという動機のひとつになった画像。

STL11000M+ε180ED L600秒×10 RB500秒×3 G500秒×2

| コメント (2)

2012年1月 2日 (月)

春のかほり

M8182blog

  

新しい年がまためぐってきました。

2011年には、大きな災害があり、そのことは、既成の価値観や仕組みが根本からあらたまるところに来ていると告げているようでした。

アラブでは、抑圧された人々がつぎつぎに立ち上がり、古い政権にノーを突きつけました。
アメリカでは、格差社会に反対するデモが大きな潮流になりつつあります。
中国では、いまのところ抑えられているように見えますが、チベットやウイグルの人々の心は死んでいませんし、人々のなかに政権に対する根強い不満がくすぶっています。
日本では、マスコミや広告代理店のあり様に疑問を抱く人々の大規模なデモが繰り返されました。

個人であれ、社会であれ、その内奥からの流れに逆らったり、抑圧することは、いずれ行き詰まり、亡びていくしかないということでしょう。
現代のあふれる物や複雑きわまりない制度の奴隷になって、自己を見失うのではなく
もっと質素で素朴であっても、自然とともに生き、本来の喜びや創造、感謝を感じられる世界へ。

「創造プロセスは人の内にあるコアから発し、つねに二つの要素から生まれる。
 一つはポジティブな意図あるいは神聖な意図であり、
 もう一つはポジティブな喜びである。」
      《バーバラ・アンブレナン/王由衣訳 癒しの光》

この真我というか、内なるコアの存在は、宇宙とつながっていて、宇宙からの光である。

「まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう
 しかもわれらは各々感じ 各別各異に生きている
 ここは銀河の空間の太陽日本 陸中国の野原である

 …われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である…」
       《宮沢賢治 農民芸術概論綱要》

 
 
 

写真は、12/30~31に岡山アストロクラブの観望会で撮影したM81,82付近です。
どこか春の薫りがしてきませんか?

  STL11000M ε180ED
  L 5分×8 RGB 各5分×1

| コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »