« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月24日 (木)

金環日食 Ⅱ

 

_mg_0095

↑ 7h27m

 

_mg_0098

↑ 第二接触 7h27m56s

この頃は、やや厚い雲に阻まれて、その瞬間は見極めがたかった。

写真は、ややアンダーな写りを処理で明るくしたもの。

淡路市の第二接触の時間は7h27m53sと発表されている。

 

_mg_0104_2

↑ 金環 7h28m32s

初めて見る金環、雲フィルターを通して美しいその姿を肉眼でも見てしまった。

(雲は赤外線を通してしまうので、本当は雲越しでも見るのは危険です。)

淡路市での食の最大は同29m04sとなっています。

 

_mg_0120

↑ 第三接触 7h30m14s

金環食の時間は2分間くらいで、充分な時間だと思っていたが、目で見たり、写真を撮ったりしていると、あっという間に過ぎてしまった。

隣で私の望遠鏡で見ていたMさんが、ベイリービーズが見えると声をあげたので、どれどれと私も覗いてみたが、そのときにはすでに終わってしまっていた。結局、眼視で太陽の数珠を確認することはできなかった。

淡路市での第三接触の時間は同30m14sでした。

 

Dsc_4047

↑ 手持ちで雲海の太陽を撮影。

金環から元に戻っていく太陽。7h37m

 

_mg_0257

↑ 8h14m

 

_mg_0327

↑ そろそろ日食も終わり 8h51m

終わり近くなって、太陽にかかっていた雲が完全に切れ、フィルターを濃いものに交換しようとして、太陽を向けたままフィルターを抜いてしまった。

カメラのシャッターは作動していないときで事なきをえたが、危ないところだった。

望遠鏡の向きを変えるとまた導入が面倒なので、自分の体で対物部に来る太陽の光を遮るようにして交換することに。

しかし、その後の写りがよくないと思ったら、また雲にかかっていたのでした。

ビクセンのSPDX赤道儀、最後の最後にキ~と変な音をたてて、赤緯軸が回らなくなってしまった。まあ太陽は中央になくてもかまわず、微妙な位置の調整はどうでもよかったのだが、壊れたなら、もう捨ててしまおうかと思い、帰宅して確認すると普通に動くようだ。現場ではなにかに干渉していたのかもしれない。

 

Img_4964

↑ 帰り道、高速ではなく普通の道を走る。道の駅で売っていたタコの干物。いかもに瀬戸内海らしい風景。

 

Img_49923

↑ 淡路SAから眺める明石海峡。風光明媚ですっかり気に入る。

明石というと、日本標準時の明石天文台ですが、左の橋脚の近くに見えているそうです。

また、明石というと、柿本人麻呂を忘れるわけにはいきませんよね。

 「天離る夷の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ」

| コメント (2)

金環日食 Ⅰ

Dsc_4010

↑ 金環日食当日の夜明け。

前日の夜、岡山を出発し、高速道路で淡路島へ。

2時~3時頃は夏の大三角など、星も見えていたので、期待を高めながら、車の中で2時間ほど寝る。

そして朝、いよいよこの日の太陽が昇ってこようとしている。雲はあるが…

 

Img_4925

↑ 私の機材。

左は眼視用のFS60CB、右が撮影用のFC76。

当初、眼視用のフィルターにアストロアーツの日食グラスを差し込んでいたら、ピントがうまくでなかった。フィルターに厚みがあり、それが不要な屈折を起こしているのか?

3年前に使用したFC76用バーダープラネタリウムのものが、フィルター枠にちょうど合うので、それに交換すると、シャープな像を見ることができるようになった。

マウントのSPDXはひどく錆び付いていて、これでほんとに動くの? という感じ。

私の機材が、ここでのメンバーで一番小さめのものでした。

 

Dsc_4029

↑ Tさんの15センチ双眼望遠鏡

まさか、これで太陽を見るなんて驚きでした。巨大な太陽フィルターが2個で、圧巻。この日もっとも人気を集めたようで、私もなかなか覗く機会がありませんでした。

 

Dsc_4035

↑ Kさんのぶっといライカ。あこがれのLeicaです。

10×50でしたか、天体をいろいろ見るのにちょうど良さそうなサイズです。

 

_mg_0024

↑ 日食は始まるが…

「地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。」創世記の冒頭を思い起こすような…はじまり。

この写真のみ、北が左、ここから後の太陽の写真はすべて北が上です。

 

_mg_0022

↑ この日の太陽  6h33m

大小の黒点が見えている。

 

_mg_0038

↑ 7h06m

観察としては雲がない方がいいのかもしれないが、なにもないときっと単調で、写真としては面白くないかもと思う。負け惜しみでしょうか?

| コメント (0)

2012年5月15日 (火)

日食一週間前の太陽

Photo_2

日食まで、あと一週間という5/14の朝、
スターベースから届いたFC76用の太陽撮影フィルター一式を使って試写してみた。
フィルターは2種類あって、曇天ぎみの時にも対応している。

マウントは、錆び付いたビクセンのSPDX+skysensor2000
まだ動くかな?

話題の肉眼黒点は、小さくなってしまったようだ。

Sun120514comptr

FC76+EOS5D印2 ピクセル等倍
ISO200 1/1250秒 RAW4枚コンポジット

こちらは、光球面の白斑に着目して、JPEG16枚コンポジット

Sun16comptr

デジカメの大きな画像では、パソコンのメモリがハングアップして困る。
なので普段はJPEGでしか撮らなくなってしまった。
パソコンのOSを変更すればいいのだが、簡単に被せてインストールとはいかないらしく、面倒くさくて、そのままにしている。また詳しい人に相談してみよう。

| コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »