« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月22日 (水)

上る冬の星たち

S120819_2

8月19日 吉備高原

すばるが上るところは絵になる。
秋から冬の天の川は、夏と違い、しみじみとした情感が漂ってよい。

EOS5Dmk2  f24mm  F4.5  ISO1600  25h30m~ exp.180s

| コメント (0)

傾く夏の大三角

6ab

8月19日 吉備高原
ずいぶん久しぶりいい空に出会えた。
流れ星もたくさんで、すばらしい一夜だった。

ただし、写真撮影のほうはうまくない。
液晶モニターにだまされて全体にアンダーだった。
やはりヒストグラムでちゃんと確認すべきだった。
とにかく、処理してもいいことにならない。
一眼デジで暗くていい夜空だと、いい写真にならないと分かった。
光害とか、薄明が残る空のほうが空間的にいい表現ができると思う。
星がノイズみたいだったので、少しぼかしをかけている。

EOS5Dmk2  f24mm  F4.5  ISO1600  25h08m~ exp.180s

| コメント (0)

吉備高原の天の川

120808a

ガイド撮影でも地上が入ると、地上から上空への空間的な広がりというか、高まりのようなものが表現できていい。
それに、南の低空は、南の異国への憧憬をかりたてる。

8月8日 吉備高原
EOS5Dmk2  f24mm  F4.5  ISO1600  22h22m~ exp.180s
赤道儀と電源はてつくんさんのEM200、カメラマウントなどはT#さんからお借りした。

| コメント (0)

岡山アストロクラブの写真展

Oacexhi

2年ぶりに、岡山アストロクラブの天体写真展・活動展示会が開催中です。

私もオリオン大星雲など、3点ほど出展しました。

 

 

Oacexhiannular

『日蝕え尽きたり』

日食について日本最古の記録と言われている「日本書紀 巻第二十二」に、推古天皇が病臥され崩御されるとき、“日蝕え尽きたることあり”という記述があって、そこからの引用をタイトルにしました。まだ言霊が生きていたと思われる古代日本の記述は簡潔ですばらしい。

 

Oacexhim42

『Great Orion』

プリントに自信がないので、今回はカメラ店でプリントしました。モニターで見るよりコントラストが高めで、自分としては、ちょっと色がきついように感じましたが、そのまま展示へ。

 

Oacexhismon

『SMon付近』

 

プリントは難しいけれど、額に入って整然と陳列された写真は、パソコンモニター画像とまた違った趣があっていいですね。作品というかんじがしました。

 

それからもう一点感じたこと…

最斤は、画像処理の技術がいろいろと進み、プリントも自分でできるようになって、非常に便利なのですが、写っているものをすべて明瞭に見せるようにするのはどうかな~ということ。影があって、そこになにか気配はあるんだけど、はっきりとは見えないよという部分があったほうが、絵としては奥行きがでるし、見る人の想像力が働いて、深み、面白みがあるような気がしました。

2年後の展示会がどんなになっているか今から楽しみです。

| コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »