« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

M8 & M20 付近

M8m20130529tr

5/12の画像は星がぼけぼけだっただけでなく、画像全体の写りも悪く、妙にコントラストの高いおかしな画像だった。鏡が露で曇ったりするとあんな感じかもしれないが、当日は風が強く、露はほとんどなかった。

で、RGBのみ5/12のものを使用し、Lは5/5のものを使用。
明るい対象なので、L1枚でもなんとかなった。

M8が全然赤くないのには参った。
そういえば、オリオン星雲もそれほど赤いわけではない。
星雲が濃いガスなので、Hαのみで光っているわけではなく、星雲中の明るく青い星の光をも散乱させているのだろう?

ε180ED STL11000M NJPtemma2 L10m×1 RGB10m×3

 

追記)
電離した水素原子が放つ光のうち、可視光領域の波長を発するものは、バルマー系列と呼ばれている。
バルマー系列は、電子軌道の準位がn=2との差になる。
もっともエネルギーの低いものがn=3からn=2への遷移によるHα線で、波長が赤外に近い656nmになる。たぶん宇宙空間で最も多く見られる現象。
エネルギー準位が高まってくると、Hβ線で486nm、Hγ線で434nm、Hδ線で410nmとなる。400nm台というと、色では青から紫の辺りになる。
M8のように、星雲の中にOやB型の恒星がたくさんある場合、こうしたエネルギー準位の高い発光現象も多く生じていると考えられる。
そして、恒星から遠く離れると、エネルギー準位の低いHαが主流になり、星雲の端の方が赤く輝いていると推測される。
ちなみに、n=1へ遷移するものはライマン系列と呼ばれ、エネルギーが非常に高く、波長は可視光領域にはなくて紫外域になる。
以上、先入観に反して、M8がなぜ赤くなく、むしろ青いのかについてのど素人の独断的説明です。

| コメント (0)

2013年5月14日 (火)

ひどすぎる

この5月は晴れると、何日も晴天が続くので、天文ファンは大変ですね。
晴れずに文句、晴れても文句では申し訳ないのですが…。
で、画像処理をする暇もなく、出かけたりしているのですが、5/11はクラブの定例観望会に職場から直行、5/12は鳥取との県境近くへと一人出かけました。

5/11の観望会は雨上がりで霧が出たりなど、湿度がものすごく、撮影はできませんでしたが、低空の霧に街の明かりがさえぎられたとかで美しい天の川が見られました。

翌日曜日は、暗い空を求めて、県北の鏡野町へと出かけました。
休日の夕方で、車の通行量も多く、途中弁当などを仕入れたりしたら、到着までに2時間ほどかかってしまいました。

空の暗さはすばらしく、5/5~6の四国よりも暗かったと思います。
ただ、暗いだけに、近くに街灯がひとつともっていたのが気になりました。
低空の透明度はイマイチな感じもありましたが、天の川がもやもやではなく、砂粒のようにざらざらした感じに見えたのは、久しぶりのことでした。

で、今日こそはとM8のあたりを狙ったのですが、上がってくる画像がなぜかひどすぎる。
どうしても、ピントが追い込めません。
ガイドの方も荒れ気味で、低空なせいもあるのか、シンチレーションがかなり悪いようで、星がせわしげに瞬いていました。

この日の星像と先日の四国の星像をピクセル等倍で比較したものを載せます。
それにしても、シンチレーションだけでこんなに差がでるのでしょうか?
私の気が付いていない機材の不具合がどこかにあったのかもしれません。

 

Photo


はくちょう座のほうに向きを変更しようかとも思ったのですが、ここに来た意味がなくなる気がして、時間とともに良くなることを期待しながら、撮るだけとってみました。夏の夜は短いし。

思い出したのですが、M8のあたりを撮ろうとすると、いつもなにか問題が起きるというジンクスがあります。もう何年もまともにこの辺が撮れたためしがなく、四国での試し撮りを経て、今回こそはと思っていたのですが、不発に終わってしまいました。残念無念。

 

これを書いている今、ホトトギスの声が聞こえています。今年の初啼きですね。
昨日から気温がぐっとあがり、いよいよ夏がやってきた感じがします。

| コメント (0)

2013年5月10日 (金)

5/5の四国

M83ltr_2

5/5~6の撮影ですが、モノクロで簡単に処理できたものをとりあえずアップです。

M83
カメラのセッティングを兼ね、この日のターゲットが昇ってくるのを待つ間、撮影してみたが、ちさっ!!
他の人が撮ったのを見慣れていたので、もう少し大きく写るように思い込んでいたが、f=500mmで、フルサイズチップの場合、対角線は約5°、一方のM83の直径は12′と、画角の1/25程しかない。
めいっぱいトリミングして、ピクセル等倍でもこの程度でした。

STL11000M ε180ED NJPtemma2 セルフチップガイド L300s×2

 

 

 

          ↓画像クリックで拡大

S

M8とM20付近
安全策で、メインの対象をこちらにしようかという思いも過ったが、結局見送った。
これは薄明開始後に、画角や写り具合を確認しようと一枚だけ撮ってみたもの。
そういえば、イプにしてから、東西方向を長辺に持ってきてまともに撮るのは今回が初めて?

それにしても、低空の夏物の対象は、何年ぶりの撮影なのだろう?
近年は、秋~冬しか撮影できていないような状況が続いていた。

当日は期待したよりは、なんだか白っぽい空だったが、それでも、光かぶりの処理はほとんど不要で、四国の空のよさを再認識。
微光星が目に痛いが、もちろんシャープネスなどは一切かけていません。

機材は同上。L600s×1

| コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

5月の光


130506a


この季節の四国の山々は深くて本当に美しい。

そういえば、瀬戸大橋からの眺めも、いつもながら素晴らしかった。

瀬戸内海で活躍した海賊や、平家の落人などの歴史もこれらの景色を彩っていますね。

星見の一夜が明けて、山を下るときにも、カーブを曲がるたび、はっとするような美しい景色に何度も出くわす。

四国での星見、できれば連泊でじっくりと楽しみたかったが、いろいろと用事がたて込んでいる中で、ゆっくり落ち着いてというわけにはいかなかったのが残念。でも、いい気分転換にはなった。数日晴れが後にずれてくれたら、都合がよかったのだが、それは言っても仕方ない。

撮影画像の処理については、一段落してからということで、少しお預けになりそう。

| コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »