« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

ペルセの夜

 

M31z


今年は8月の新月期に合わせて夏休みをとったのですが…。
毎夜、すっきりと晴れることなく、もやもやとした空が続き、星見に出かけたのは8/12(しかもこの日は休みではなく出勤日)、ペルセウス座流星群の夜だけとなってしまった。
西日本は記録的な猛暑で、どこかに出かけようという気力もなく、毎日家でごろごろしていただけ、少し残念な夏休みだった。

残念なといえばμ250CRS、買いたい気持ちが珍しく高まってきていて、これはひょっとするかもと思っていたのだが、ちょうど同じくらいの金額の思わぬ出費が発生してしまい、水を差されてしまった。どうもμには縁がないのかも…。

12日の夜は、手近な撮影場所に、流星群を見ようと大勢が繰り出しているらしく、遠慮しようかとも思ったが、他に適当な場所も思いつかず、出かけることに。
仕事を終えて、23時頃に現地に到着してみると、いっぱいの車と人に驚かされた。

時折、出現した流れ星に歓声が上がったりするなか、脇目もふらず、もくもくと機材を組み立てる。
最近にしてはよく晴れているほうだと思うが、それでもなんだか白く、透明感のない空だった。
ケフェウスの淡い星雲を試し撮りしてみるが、なにも浮かび上がってこない。
もしかして位置を間違えたのかもしれないが、時間がどんどんなくなるので、ここは深追いせず、対象を明るいものに即変更してM31に。
しかし、いつもメジャーなものしか撮らんな~。
今夜の撮影対象を訊かれて、M31ですと答えながら苦笑するしかなかった。

大勢が密集していて、途中で車の出入りなども多かったのに、撮影したコマに光かぶりはなかったようだ。
ただ、一枚だけ、大きなガイドエラーが発生していた。明るいガイド星がなかったので、ガイド星を見失ったのかもしれないが、はっきりとした原因は不明。

この日は、欲張って、ポタ赤にデジカメを載せ、夜明けまで流星ねらいで撮り続けた。2分間露出で100枚ほど撮影したが、見栄えのしない流星が3コマ写っていただけだった。

アンドロメダのRGBは2ビニングで撮影したが、撮りながら、アンドロメダでカラーをビニングするのはまずいかな~と思っていたら、やはりその通りの結果に。
カラーのビニング、できれば避けたいが、時間のないときは仕方ないこともある。可不可を対象によって見極められればいいのだが。

もうひとつ大きな問題は、RGB合成がきれいに重ならないこと。
ずっと以前から気になってはいたが、このアンドロメダではそれがかなり目立つことになってしまいがっくり。
アプリまかせだけでなく、手作業で追い込んでみたりしたが、まだだめでした。
アプリの変更も含めて、今一番の問題か?

 

  8/12 25時頃~ 吉備高原
  STL11000M ε180ED NJPtemma2
  L:10m*7 RGB:5m*4(2bin)

 

★8/28 画像差替え。
色ずれを少なくした分、色強調を多めにかけたが?

| コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »