« 東京オリンピック招致に不正疑惑 | トップページ | 山の辺の道 その後 »

2016年5月25日 (水)

山の辺の道 4

2  
歩く道には山際の木陰が落ち、見晴らしもよい。
この道をどこまでも歩いていたい。

道縁には高市皇子の歌碑が。

神山の山辺真蘇木綿みじか木綿かくのみ故に長くと思いき

十市皇女の死を悼む高市皇子の歌だが、異母姉弟の二人は恋愛関係にあったともいわれる。壬申の乱で追い詰められた大友皇子は山前に 身を隠し自死。物部連麻呂と一、二の舎人だけが従っていたといい、妃の姿はない。

 十市皇女の薨りましし時に、高市皇子の作りませる御歌三首
御諸の神の神杉夢のみに見えつつ共に寝ねぬ夜ぞ多き
神山の山辺真蘇木綿みじか木綿かくのみ故に長くと思いき
山振りの立ち儀ひたる山清水酌みに行かめど道の知らなく


次の景行天皇陵の手前には額田王の歌碑も。

味酒 三輪の山 あをによし 奈良の山の 山の際に い隠るまで 道の隈 い積るまでに つばらにも 見つつ行かむを しばしばも 見放けむ山を 情なく 雲の 隠さふべしや

当時、いかに三輪の山が親しまれていたかがわかります。


Photo

↑渋谷向山古墳

古事記に、第12代景行天皇の陵は山辺道の上にあると記されており、山邊道上陵として、景行天皇陵に治定されている。
江戸時代には崇神天皇陵と思われていたとあります。
墳丘の全長が300mで、全国8位の大きさです。


Photo_2

↑行灯山古墳

古事記に、第10代崇神天皇の陵は山辺道の勾の岡の上にあると記され、山邊道勾岡上陵として、崇神天皇陵に治定されている。
先行9代の天皇は伝説上の存在とされるので、実在する初代の天皇と考えられている。

周濠がしっかり残っている(再現された?)ので、大規模なものに見えるが、墳丘の大きさは242mで、全国16位の大きさ。
上空から見た写真では後方部が短く、帆立貝のような形にも見える。
参道縁に一目で古墳とわかる陪塚がある。

山の辺の道は、木陰のある場所はよかったが、日の光を直接浴びるようになって、心配したとおりかみさんが再び不調に。
目標は石上神社までだったが、今回はここで断念。ちょうど天理行きのバスがあり、それで引きあげることになりました。

« 東京オリンピック招致に不正疑惑 | トップページ | 山の辺の道 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京オリンピック招致に不正疑惑 | トップページ | 山の辺の道 その後 »