« 山の辺の道3 | トップページ | 山の辺の道 4 »

2016年5月13日 (金)

東京オリンピック招致に不正疑惑

160513s

↑ 5月13日 山陽新聞朝刊

英紙ガーディアンが、東京オリンピック招致に不正な金が支払われ、電通も関与か?と報じていたが、12日、フランスの司法当局もこの件に関し捜査を始めたとのこと。開催都市決定の前後に日本からIOC前会長に2億2300万円相当の額が払い込まれたという。
  
日本国内に自浄作用がないのは情けない限りで、テレビ報道は、この件をほとんど報道してないのではないかと思うが、フランスであれ、イギリスであれ、徹底した事実の解明をやってほしい。


Fifa
 
↑ 「電通とFIFA」

先のサッカーワールドカップの放映権料は確か、400億という異常な額だった。

先の国会、NHKの予算審議では、片山虎之助がオリンピック4大会で1100億円の放映権料に言及していたが、結局予算案に賛成したらしい。
NHKの籾井会長はNHKの受信料値下げに反対しているが、今や電通の子会社化した観のあるNHK、電通の貴重な財源を減らすことはまかりならんということでしょうか。

ちなみに、自民党のPRは電通の担当ですが、自民党と電通は持ちつ持たれつ、NHKをはじめ、互いにいろいろと便宜を図っているのでしょうか?
 
電通、国の補助金応募審査の"怪"  http://biz-journal.jp/2013/06/post_2261.html
 
安倍首相が代表を務める自民党山口県支部に、電通が、10万を寄付したが、電通は農水省から補助金を受けていて不適切な寄付だったと問題になったのは昨年のことだった。
 
東日本大震災後に、被災地を食べて応援のキャンペーン等で、平成23年度、電通が農水省から受け取った広告宣伝費は70億超だったとか。
被災地を応援どころか、食いものにしたキャンペーンだったのですね。 
 
 
Photo
 
↑ テレビ現場からの告発! 安倍政治と言論統制
 
そういえば、扶桑社から出版されたばかりの「日本会議の研究」(扶桑社新書) 、どこでも、買うことができなくなっているようです。
 
当の日本会議が扶桑社に出版中止を求めたと報じられています。 著者は記事の内容には自信があると言っているのですが、扶桑社があっさりと出版中止を受け入れたのでしょうか?
 
(Amazonで、新品は売られていませんが、出品者がいて、元は864円の本に、4,970~15,000円の値がついています。扶桑社はフジテレビの子会社ですね。発禁で話題づくりして中古本でがっぽり儲けようという魂胆では…まさかないですよね? 笑)

« 山の辺の道3 | トップページ | 山の辺の道 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の辺の道3 | トップページ | 山の辺の道 4 »