« アンタレス付近 | トップページ | Solar Eclipse Maestro のscript »

2017年7月16日 (日)

Solar Eclipse Maestro にGPS

このところ梅雨が明けてしまったのか、くそ暑い毎日ですね。
 
昨日、職場におかのりさんが訪ねてきて、ブログが全然更新されとらんじゃないかと叱れてしまったので、急きょブログを書くことにしました。
 
ちなみにおかのりさんのHPはこちらです。
 『旭川エコツアーガイド』 http://www.ne.jp/asahi/eco/tour/
 
 
Gps
 
GPS受信機が届いたので、さっそくセットアップを試みたのですが、この手のものが苦手な私は思いの外手間取ってしまいました。
 
SEM(Solar Eclipse Maestro)で推奨されているのはGarminで、アマゾンでも取り扱っているようですが、1万円超の上、外国から取り寄せで、納品までに日数がどれくらいかかるか不明なため、東京通商のBLOBALSAT BU-353S4が使えるのか問い合わせてみました。
 
応対してくださった担当の方はとても親切で、なんとSEMをインストールしたうえで動作を確認してくださいました。感謝!!
 
GPSを購入したいが、なにを買ったらいいか迷っている方、東京通商をお薦めします!!
 
セットアップの手順を詳しくメールで送ってもらい、さっそく購入。
 
まず、MacOSX最新ドライバーを、以下よりダウンロード。
http://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?p_id=229&pcid=41
 
GPSをUSBポートに接続。
 
Gpsmac
 
システムレポートを表示しハードウェア USBを開き、USB-Serial Controller D
を確認。
 
20170716_83850
 
次にターミナルからコマンドでセットアップが完了しているか確認
(ターミナルって、windowsのコマンドプロンプトに相当するもの?)
 
20170716_95301
 
次の通信の確立方法が分からなかった。
 
cuコマンドで4800シリアル通信をするとあるが、cuコマンド??????
 
コマンドなので、ターミナルを使うのだろうが、コマンドの書き方が分からん。
 
ネットであちこち探して、やっとなんとかそれらしいものを見つけた。
 
4行目の後半 cu 以下が、ネット情報を参考にして作成したコマンドです。
 
ただし、これで合っているのか確かなことは分からない。
 
20170716_133206
 
次に、Solar Eclipse Maestro を開き GPSの設定
 
Setup >Serial Device Configuration >
 
Serial port usbserial (選択)
 
Parity None 
 
Baud Rate 4800 (BU-353S4は4800です。)
 
Data Bits 8
 
Stop Bits 1
 
 
 
最終的にSEMのGPSがアクティブになり、GPSwindowで動作が確認できたのでよしとしよう。
 
しかし、これだけのことに半日かかり、ぐったり疲れたわ。
 
20170716_133442_2
 
 
おかのりさん、読んでくれた? まったく興味のない話じゃったと思うけど。

« アンタレス付近 | トップページ | Solar Eclipse Maestro のscript »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンタレス付近 | トップページ | Solar Eclipse Maestro のscript »